読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Novation Circuitを買ったらやること

買ったらまずやることは開封して付属品に不足が無いか確認して、ACアダプターを接続して電源が入るか確認することです。

しかし、はやる気持ちが抑えられず、すぐに電源を入れてデモソングを楽しみつつノブを回してみたり、パッドを叩いてみたりすることでしょう。ようやく待ちに待った楽器との対面ですから、それが健全な接し方だと思います。

ひととおり遊びつくしたら一呼吸入れて、製品登録とバンドルのダウンロードをやってしまいましょう。というのも、製品登録などにはシリアルコード入力作業などがつきものですが、紙に印刷されて同梱されていますので、紛失したり、箱にしまっておいたりするとどんどん面倒になってしまいます。なので、買って遊び疲れてちょっと休憩な時に一気にやってしまうのが良いと思います。

製品登録

まず、製品登録をします。ここでポイントなのが2箇所に製品登録をする必要があるということです。日本の代理店であるHigh Resolutionと、Novationの2つです。

High Resolutionで製品登録するとPDFの日本語マニュアルをダウンロードできるようになります。

Novationで製品登録をするとバンドルソフトウェアのLive 9 LiteとFree Loopmasters Contentをダウンロードできるようになります。Novationでの製品登録やLive 9 Liteのオーソライズ方法は、High Resolutionで製品登録するとHigh Resolutionサイトでわかりやすい説明が案内されます。

バンドルのダウンロード

バンドルソフトウェアは先に書いたとおりNovationのサイトからダウンロードできます。High Resolutionのサイトではないのでご注意ください。Live 9 LiteとFree Loopmasters Contentがダウンロードできます。

Free Loopmasters Contentは僕の環境だと3時間程度ダウンロードに時間がかかりました。寝る前や特に作業が無い時にやるのが良いかもしれません。

Live 9 Liteのオーソライズ

Live 9 Liteを使う場合はインストールとオーソライズが必要になります。このオーソライズに必要なコードも紙に印刷されています。Liveを起動するとオーソライズしますかというウィンドウが開きますので、その案内に従って操作すればできます。

オーソライズ時にAbletonアカウント持っていない場合はアカウントを作成する必要があります。アカウントを作るとオーソライズをすることができるようになりますので、コードを入力して完了です。

Novation グルーブボックス Circuit

Novation グルーブボックス Circuit